記事一覧

完成!!

ファイル 59-1.jpgファイル 59-2.jpg

哲也さんから、調子が良いと返事もらいました。

有難う御座います。

また力になれたらと思います。

Ps:写真アップ遅れてごめんなさいね。。。

哲也さん

ファイル 58-1.jpgファイル 58-2.jpgファイル 58-3.jpg

来週中には、送れる予定です。^^;

もうちょっと待って下さいね。

井関 美絵アマのブラシ・・・

ファイル 57-1.jpgファイル 57-2.jpgファイル 57-3.jpg

こんな感じです。中々乾きが悪く!次に行けず。。

井関 美絵 アマチュア

ファイル 56-1.jpgファイル 56-2.jpgファイル 56-3.jpgファイル 56-4.jpgファイル 56-5.jpg

シェープは終わったよ。

さ~ブラシにかかりますよ。。。

ちょっとバタバタしてて遅れぎみ^^;

7月の大会までになじむと良いね・・・

同時進行です。。

ファイル 55-1.jpgファイル 55-2.jpgファイル 55-3.jpg

① 蒼井さん、もうすぐできますよ。まずは、トライフィンからトライしてね^^;

② 島田さん、イメージどうりですか・・・!?明日から巻きに入ります。。               楽そうな板ですな!!

③ 勝義くん、後はサンディングして磨けばOKだからね。。今週には、使えるよ^^    勝義くんは小学校6年生なのだ!!将来が楽しみだね。


 = 皆さんもう少し待っててね。 =

もっくん のフィッシュ 完成しました(^-^)

ファイル 54-1.jpgファイル 54-2.jpgファイル 54-3.jpgファイル 54-4.jpg

完成して、早速海へ行ったようですね。

かなり、気に入ってもらえたみたいで、使用した感想を報告して

くれて有り難うございましたm(__)m

今回は、レノックスのフィッシュをベースに、もう少し動かしたい

との事なので、テール幅を42から、37cmに細くしてみました。

あと、ポリッシュ仕上げとの要望通り、ピカピカに仕上げました。

スタジオ撮影でなくてすいません。

健一 様のボード 完成いたしました。

ファイル 53-1.jpgファイル 53-2.jpg

お待たせ致しました。

和則 様の進行状況です。

ファイル 52-1.jpgファイル 52-2.jpg

和則さんのフィッシュも良い感じで仕上がってますよ^^

ブラシの色のイメージはいかがですか!?

ちょっとサンディングの粉が付いてて分かり難いですかね・・・

しかも!!ピントが・・・ごめんなさいね。。。

ちょっと焦って撮りました^^;

も~少々 お待ちォ。

健一 様の進行状況

ファイル 51-1.jpgファイル 51-2.jpgファイル 51-3.jpgファイル 51-4.jpgファイル 51-5.jpg

今回はピグメント仕上げについて簡単に説明しますね。。

ブランクスに色を付けるのでわなくラミネートする際に

樹脂に直接混ぜて色付けする昔ながらの手法です。

なので作業工程としては、色の数によって何回も塗らなければなり

ませんので時間が掛かってしまうけど!仕上げが非常に綺麗です。

ディケルなどはフィニッシュの時に入れるんですよ。

ピグメント&ティント技法のなかで!一番の難しさはレールでの

クロスのおさまりなのです・・・・・もっと詳しく知りたい人は

気楽に聞いて下さいね。。。

今回の健一さんのボードですが、今 使ってるロングより短く

し回転性を出したいとの事なので。

長さが225cm幅56cm厚み6.7にしました。

幅も厚みも全体的にもっと、落としても

良かったのかと思ったのですが、今現在の使用中のロングの

イメージを壊さず違和感なく乗れようにと考えました。

その為、パドル・テイクオフなど安定感を損なう事無く!

乗れると思います。

回転性についてはロッカー・レール・ボトムなどの改良により

動きが軽くなるはずです。

アップスンやカットバックがスムーズになると思います(^_^)v

動きそうな板ですよ(^_^) 

もっくん のフィッシュ 進行状況

ファイル 50-1.jpgファイル 50-2.jpgファイル 50-3.jpgファイル 50-4.jpgファイル 50-5.jpg

チーム員 もっくんのフィッシュの進行状況です。

本日、シェイプ終わりました。

明日にはラミネートしますので、少々早く出来上がりそうです。

☆ 今回のポイントは、アルメリックのフィッシュケット や

ビスケット などを何回も試乗したもっくんが、自分用に

アレンジしたフィッシュであって、LENNOXのフィッシュ

とも、少し違います。

 例えば、テール幅

直進性が優れているフィッシュですが、回転性も補う為に

フィッシュの特徴であるテール幅を、やや狭めてみました。

まさに、カスタムオーダーならではのボードです。