Hand Shape - Surf Boards Factory LENNOX HEAD
波と対話するために・・・。
二人の若手シェイパーの波への情熱から生まれたハンドメイドによるハイクオリティ サーフボード
”LENNOX HEAD ”

== サーフボードをオーダーする前に知っておこう ==

サーフボードをオーダーする時にそれぞれの役割をしっかり認識することでより理想の『マジックボード』に近づきます。あなたはサーフボードをオーダーする時、どんなところに気をつけていますか?サーフボードは『長さ』・『幅』・『厚み』だけでもありません。トータルバランスが大事なのです。しっかり基本を理解してオーダーしよう!


■ 長さ 
 
サーフボードを長くすると安定性が増すが、動きが鈍くなる。反対に短くすると安定性がなくなるが、動きはすばやくなる。一般的に大きい波ではボードを長くし、小さい波ではボードを短くする。


■ 幅
 
サーフボードの幅を広くすると安定性が増しパドルが楽になる。しかし動きは鈍くなる。反対に狭くすると安定性がなくなり、パドルの際に多少難しくなる。しかし動きはすばやくなる。


■ 厚み
 
ボードを厚くすると浮力が増し、テイクオフも早い。薄くすると浮力が減少するためテイクオフも遅くなる。厚みはサーフボードのノーズからセンターからテールにかけて変化がある。この厚みの変化をフォイルという。


■ レール形状 
 
レール形状はボキシー・ミディアム・テーパーと一般的に3種類に分けられる。レールが厚いと波に食い込ませづらくなり、レールが薄いと波に食い込ませやすくなる。これがレールの基本的に言えることです。サーファー個々のライディングスタイルやレベル、また脚力・波質によっても変わってくるものだと思います。レールにボリュームがあると(ボキシー)パドル・テイクオフにおいても、またライディングの際にも安定感も増します。ミディアムレールはボキシとテーパーの中間でオールラウンドに対応できる。薄いと(テイパー)掘れる波でのボードコントロールがしやすく回転性が良くなる。一般的にスモールウエーブ用のボードや、初心者用のボードは安定性や浮力を増加されるためにボキシーレールを使い、上級者用にはレールを入れやすくまた回転性を上げるためにテーパーを使用する。ただ最近はレールをボキシーにして、ボードの長さを短くしエアーや、リップから飛び出るようなオフザリップをするボードを好むプロサーファーたちが多い。

※ 同じ名称でもシェイパーのデザインによってレールの落とし方も変わってくるものなので注意すべきかと思います。センターからの落とし方でも大分変わっても来ますので、そのシェイパーのレールの落とし方の特徴を知ることも大切なのではないかと思います。


■ アウトライン
 
ノーズワイドを広くする事で、まず基本的に安定性とテイクオフの滑り出しが早く感じることが出来るかと思います。デメリットはライディングにおいて素早くアプローチしたい時にボードが着いて来ない(重い)感じてしまったりリッピングやカットバックなどのアプローチやリリースの際にも、やはり同じ事が言えると思います。逆にノーズワイドがシャープになってくるほどに、安定性とテイクオフの滑り出しが悪くなる。メリットはアクションでの軽快なアプローチやリリースなどといった素早いボードの返しがスムーズに感じる。センターワイドが広いと安定感は増すが、反応は広いほどスローになってくる。逆に幅が狭くなるほどに反応は早くなってはくるが、安定感は損なわれてくる。テールワイドを広くする事でテイクオフの際に、波からのパワーを受けやすくなる。ライディングの際に、レスポンスを得られやすくなる。ただ広くなるほど、ボードの取り回しが重く感じることもある。               


■ ロッカー
 
ロッカーは主にノーズ側のノーズロッカーと、テール側のテールロッカーと2つに分けられている。ノーズエリアとテールエリアの間はプレーニングエリアといわれてサーファーが通常体重を乗せる場所である。このプレーニングエリアが多ければ多いほど、スピード性が上がる。逆に少ないとスピード性は落ちる。ロッカーを弱めにすると、ボードと水との接着面が増し、パドリングが楽になり、ボードの安定性が確保される。またスピード性能も上がる。ただ、その分回転性は犠牲になる。ノーズロッカーを強くとると、ボードと水との接着面が減少するためにボードの回転性が増す。デメリットは、パドリング・テイクオフ等は遅くなり、安定性は減少する。強いロッカーをもったボードはリーフ・河口での力のある波が適してる。パワーのない厚い波だとあまりロッカーが強すぎるボードは適さない。テールロッカーを強めしたボードは、コントロール性を上げ、ターンをよりスムーズに行うことが出来る。またテールロッカーを弱めにとると、水とボードとの接地面積が増え、サ−フボードの安定性とスピードが増す。
 ノーズロッカー、テールロッカーの組み合わせは、サーフボードの性能を決定する重要な要因となる。最近はノーズロッカーを弱めてテイクオフ・パドルを楽にし、テールロッカーを普通〜やや強めにしてエアーやフローターの際の着地の安定性を高めているようなボードがはやっている。


■ テール
 
テール形状はターンに多大な影響を与える。現在さまざまなテール形状が発明されているが、一般的なものは4つである。@スカッシュテール・テールデザインの中で最も人気のあるデザイン。このデザインはテール側に乱水流を生み出すためにボードが不安定になり、その結果ターン時の急な方向転換を可能にするという特徴があるため、急激なターンをすることができる。Aスワローテイル・小波用に使われることが多い、ターンの支点となるポイントが2つになるということが大きな特徴。スワローデザインが大きければ大きいほどボードのアウトラインをストレートにすることができて、小さめの波ではボード自体がスピードを繰り出さなければならないためにこのデザインは非常に有効と言える。Bラウンドテール・スカッシュテールとピンテールの中間のデザインである。スカッシュやピンテールよりもテール面積が広く、そのためにターンの際にスムーズな切り替えしがおこなえるのだ。レールの切り替えを繊細に行いたい人にはお勧めのスタイルである。Cピンテール・テールの先端を尖らせているデザインである。大きな波をターゲットとしたガンボードはほとんどこのデザインを採用する。テール面積を狭くすることにより波のパワーをうまく分散し安定感をだす、そしてチューブでも安定したライン取りが出来るのだ。


■ ボトム(コンケーブ)
 
コンケーブとは、ボトムに溝を作る事によって水面とサーフボードの間に水流を作りだす事で浮力と揚力のふたつの支える力によりボードを短く薄くする事ができ、スピード性能やパフォーマンス性能を高めながらも、安定感もしっかり得ることが出来る。またコンケーブを深く入れる事で波面に吸い付く感が強まるといったところがある。この特性は波面がクリーンで波にパワーがあり、規則正しく綺麗にブレイクする波ほど有効になってくると言えます。ただオンショアなどのチョッピーな波のパワーやブレイクの不規則な波では、コントロールのしづらさを感じてしまう。また加速するにも水の流れが不規則になり、上手くボードを走らせることも困難になってくるといった事もあります。こういったチョッピーコンデションな波では、比較的コンケーブを浅めに入れたボードが有効になってくると言えます。@フラットボトム・平らなボトム。波の力をそのまま受ける事で水の抵抗が一番少なくスピード性が高い。ただオンショアなどのチョッピーな波のパワーやブレイクの不規則な波では、コントロールのしづらさを感じてしまう。Aシングルコンケーブ・一直線の溝を入れている形状。波の水流を一直線に流すために、ボードの直進性能が高くスピード性能も高く、掘れた波・チューブの波、大きめな波に適している。B ダブルコンケーブ・2つの溝を入れている形状。中央より少し下あたりからダブルにするデザインである。2つの溝を入れる事で安定感がまし力を伝えることができる。シングル・ダブルのコンビネーションでは、小さい波でのクイックで波のパワーゾーンでのパフォーマンス性が高い。C VEEボトムボトムの中央先端がとがったようになっている形状。このボトムはレールの切り替えをすばやくする事ができる。またシングルからダブルコンケーブとあわせてテールよりにVEE入れる。コンケーブから入ってきた水流をテール付近でリリースして、テールのプレッシャーを減らす。           


■ フィン
 
波の状況に合してフィンを変える事ができることから取替え式フィンが主流となっている。フィンの特性であるがベース部分の幅と高さが性能を決定する主要因となっている。ベースが広く高さが高いデザインのフィンほどボードの直線性が増しスピード性能が増す。ベースが小さく高さが低いデザインのフィンほどボードの回転性がまし動きが良くなる。基本的には小さい波の場合は小さめのデザインを使用し、大きな波の場合は大きめのデザインを使うと良いでしょう。またサイドフィンに比べ、センターフィンを小さめにするとボードの回転性を増し、なおかつスピード性能も確保できる。


※ 以上が大体大まかな解説だが、ボードの性能は全体のデザインで決まるので一部の箇所だけをみて”これだ!"とは言えない。

※ 特に並行輸入で海外のボードを購入する方は、その辺もしっかり見極めることが必要ですよね。欲しいと思うボードが自分のサーフィンスタイルやレベルに合っているかは勿論、使うポイントのコンデションに合うデザインのボードなのかといったこともしっかり考えゲットするべきかと思います。                                          
Copyright(c)2008 LENNOXHEAD All rights reserved.